WELCOME


  • お気に入り
Powered by Six Apart

更新ブログ

« 「道の駅」たるみず で | メイン | 鹿屋 シュークリーム事情7 »

2005-05-21

今昔物語

DSC00523DSC00524

子供の頃、竹の皮に包んだ「あくまき」を、母ちゃんがの端を口にくわえて、くるっと、一回転して切ってくれたものだった。今はコレ、カップを開けて、「はい、どうぞ!」味も薄くついていて、ご丁寧にスプーンまで付いている。便利になったもんだ。でも、なんかもの足りない・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/190197/5928754

今昔物語を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

ニュース・天気


最近のトラックバック

広告